18 Apr 2024

日向 亘 look.1

演じることへの責任感が芽生えた大きな一年間を経て、今の自分になるまで

2019年に「ホリプロ メンズ オーディション」で6,468人の中から歴代最年少でグランプリを手にして、芸能界に飛び込んだ日向亘さん。俳優デビューを果たしてわずか4年だが、人気ドラマ『姉ちゃんの恋人』や日曜劇場『Get Ready!』、NHK大河ドラマ『どうする家康』など名だたる数々の作品に出演し既に頭角を現している。グランプリを受賞時は若干14歳。当時の自分を振り返ってもらうと、まだ夢のようだと素直な気持ちを言葉にする。

Wataru Hyuga look.1

「母と姉が応募したことがきっかけでこのお仕事を始めました。14歳のあの頃はファイナリストの皆さんは、全員年上でとても仲良くしてくれたのを覚えています。当時の僕から見て皆さんはとても大人で、僕だけふっくらしていて田舎の男の子といった感じで、自分はもちろん周りもそう感じていたと思います。まさか自分が選ばれると思っていなかったので、僕が受賞してよかったのかなと思うくらいです。しかしあまり着飾らずに気負わずに自然体で参加でき、人間性的な部分を素直なまま出せていたのかなと思います。」

Wataru Hyuga look.1

この日、彼が1ルック目に纏ったのはフラワー柄とタイガーがプリントされたイエローアウターにカーゴパンツを合わせ、足元はイエローのハイテクサンダル。色鮮やかなイエローとアウターの絶妙な光沢感が都会的なムードを奏で、春の訪れを感じさせた。

「普段は白や黒、グレーなどを着ることが多く明るい色を着ることが少ないので、こうやって撮影の時に鮮やかな服装を着られるとすごく楽しいですね。このアウターの中にイエローのTシャツを着てもくどくなく、自然体でいられました。」

Wataru Hyuga look.1

そんな春らしい花や草木が芽吹き始める同じ季節の2020年、藤原竜也さんが主演を務めるドラマと映画の連動作品『太陽は動かない』に出演し、日向さんの俳優人生がスタートした。その後、幼い頃から好きだった仮面ライダーのオーディションに合格し、『仮面ライダーリバイス』にて五十嵐大二役を務めることとなった。民放ドラマは基本1クールだが、仮面ライダー作品は一年間同じ役を演じ続ける。この一年が彼の仕事への向き合い方、そして日常生活も変える分岐点となった。

「『仮面ライダーリバイス』は、僕のターニングポイントとなった作品の一つです。演技やアクションだけでなくアフレコやイベントなどで人前で話したりもするので、本当に色々なことを経験させてもらいました。この経験がなかったら、ここまで人前で自分を出すことができなかったんじゃないかなと思います。また親元を離れて一人暮らしを始めたのもその頃で、それまで実家暮らしで親に支えられながら楽しいことをのびのびとやっていましたが、ちゃんとお仕事をいただいて自分で生活していくことの大変さを学びました。それとともに演じることへの責任感が芽生えました。プライベートでは最初の頃は張り切って自炊していたんですが、忙しくなると全然できなくて(笑)。でも最近はまた頑張り始めています(笑)。」

Wataru Hyuga look.1

そんな自発的な姿勢は撮影時からも伝わってくる。スタジオのセットを変えている間に、撮影した写真を自ら確認し、フォトグラファーやスタッフと話しながらポージングと表情を真剣な眼差しでチェックする。彼の軽快な動き、爽やかな表情と明るくエネルギッシュなイエローの装いが互いに作用し見事に重なり合っていた。──「今でも大変なことはあるけれど“自分が選んだ道だから”という思いが自分の中で大きくなっています。」

→look.2では、日向亘さんの好きな服やプライベートについて話を聞きました。


Direction : Shinsuke Nozaka
Photo, Movie: Keiichiro Nakajima
Stylist : midori(W)
Hair & Make up : Shiho Sakamoto
Text : Saki Shibata

Wataru Hyuga

■PROFILE
2004年3月18日生まれ、群馬県出身。2019年に「HORIPRO MEN’S STAR AUDITION ~未来のスターはキミ? それとも隣のカレ?~」にて6,468人の中から歴代最年少の14歳でグランプリを受賞。ドラマ『太陽は動かない -THE ECLIPSE-』および映画『太陽は動かない』では藤原竜也演じる鷹野一彦の高校時代を演じ、俳優デビューを飾る。同年10月にはドラマ『姉ちゃんの恋人』、2021年には『仮面ライダーリバイス』に五十嵐大二役で出演。近年の主な出演作品は、日曜劇場『Get Ready!』(’23)、NHK大河ドラマ『どうする家康』(’23)、MBSドラマ特区『君となら恋をしてみても』(’23)、フジテレビ金9『うちの弁護士は手がかかる』(’23)、テレビ朝日火曜9時『マルス-ゼロの革命-』(’23)、スペシャルドラマ『GTOリバイバル』(’24)など。テレビ朝日4月期金曜ナイトドラマ『JKと六法全書』に渡辺悠役でレギュラー出演する。
 
■着用情報
PRINTED COACH JACKET
2183B315.300
¥30,800 (税込)
 
LONG SLEEVE GRAPHIC TEE
2183B163.300
¥13,200 (税込)
 
PANTS
2181A886.300
¥68,200 (税込)
 
DENTIGRE BELTED
1183C188.021
¥25,300 (税込)