15 Aug 2023

原菜乃華 look.1

オニツカタイガーが引き出してくれた“新しい私”

この秋公開の映画『ミステリと言う勿れ』をはじめ、話題のTVドラマにCM、そして数々の女性誌でも活躍中の原菜乃華。近頃、その存在を目にしなかったシーズンはない、今注目の若手俳優の一人だ。キュートな顔立ちやピュアな雰囲気が放つ魅力は言わずもがな、作中で見せる様々な役柄に扮した表情やセリフには、一瞬で私たちの心を惹きつける強い引力がある。一方、プライベートではクールな洋服を好み、自由なオシャレを満喫する20歳の女の子。今回は、そんな彼女にOnitsuka Tigerの2023年秋冬新作から2lookを着こなしてもらった。

原菜乃華 look.1

1look目は、一捻りある帯のようなベルトディテールがポイントのブルーグレーのワンピースが主役。足元はブラックのワントーンでまとめつつ、エッジの効いたレースアップスニーカーでインパクトをプラスしたモードなスタイリングを披露。

「こんなデザインのワンピースは、初めて着ました。鏡をみた瞬間、“新しい私を見つけた!はじめて見る私だ!”と率直に思いました。一見シンプルなアイテムだけど、ウエストの帯のようなベルトデザインが斬新で、どこか和のエッセンスも感じられてかっこいい。また、合わせたレースアップスニーカーも気に入りました。普段から足元はスニーカーを選ぶことが多いのですが、ここまでエッジの効いたデザインは中々ないし、私服のテイストにも合いそうだし、リアルバイの予感……!」

普段から洋服を選ぶこと・着ることを楽しんでいるという菜乃華さんのワードローブは、“ほぼブラック”で、中でもクールなアイテムを手に取ることが多いのだそう。

原菜乃華 look.1

「クローゼットの中身は、ALL黒い服といっても過言ではないかも? カジュアルもドレスアップもブラックのアイテムが多いです。テイストには少々幅があって、特別な日やフォーマルな日は、レディな雰囲気のドレスも着るけれど、どちらかと言えばメンズライクでかっこいいテイストの服が好き。ワークテイストやミリタリー、ちょっとエッジの効いたデザインのアイテムが好きで、そういったものが似合う人、着こなせる人になりたいな」

撮影日の私服もモノトーンで、今期らしいカーゴパンツのボリューム感を生かした着こなしもお手のもの。コンパクトなトップスと、スタイリングのアクセントとなるようなサンダルを合わせた装いは、お手本にしたくなるようなバランスだ。

原菜乃華 look.1

ドラマや映画などの作中で目にすることの多いフェミニンな雰囲気の装いもとてもよく似合っている。しかし、それとは異なる雰囲気の今回のOnitsuka Tigerのルックや、撮影日の私服のようなストリート感のあるクールな装いもとっても素敵。“洋服を着ること”を楽しんでいるのがスタッフ一同に伝わってきた。彼女にとってファッションとは一体どのようなものなのだろうか?

「私服というカテゴリーにおいて言えば、ファッションやオシャレをすることは自分の気分をあげるもの。そして、家から一歩出たときに人の目を気にせずいられるように、私を守る武装のようなものでもあるかな」と菜乃華さん。続けて、服を着ることによる発見も教えてくれて————————

「今日のルックを着て鏡を見たときにも感じたけれど、服って、新しい自分を見せてくれるものだって私は思う。自分にこんな一面があったんだなとか、こんな表情を引き出してくれるんだなとか、とにかく纏った瞬間にまだ見ぬ新しい自分に出会えることが嬉しくて楽しい。あと、服によって振る舞いや佇まいが変わることもあると思うな。例えば、ボディラインが出る大人っぽい服を着たときは自然と背筋がのびたり姿勢がよくなったりする。部屋着のような着心地が良くてリラクシーな服を着ているときは、ほっと心が安らいで心身がフラットになる。読者のみなさんにもそんな経験があるのでは?」

原菜乃華 look.1

ちなみに衣装の場合は、そのとき演じる人物のアイデンティティやキャラクターを纏うような感覚になるのだとか。加えてメイクアップがほどこされることで、役に入るスイッチがONになると役者ならではの体験も教えてくれた。

→look.2でも引き続き、好きな服の話を伺いつつ、20歳の抱負やプライベートでやりたいことについてもインタビュー!


Direction : Shinsuke Nozaka
Photo,Movie : Yoshiaki Sekine (SIGNO)
Stylist : Itsuka Watanabe
Hair,MakeUp : Asako Baba
Text : Ryoko Suzuki

Nanoka Hara

■PROFILE
2003年生まれ東京都出身。
2009年に芸能界デビューしドラマや映画で活躍。
映画「罪の声」生島望役で注目を集める。以降「ナイトドクター」「真犯人フラグ」「ナンバMG5」などドラマに出演。また昨年は新海誠監督のアニメーション映画「すずめの戸締まり」のヒロイン声優岩戸鈴芽役に選ばれ話題となった。現在放送中のNHK大河ドラマ「どうする家康」に千姫役で出演が決まっている。また、9月15日公開予定の「ミステリと言う勿れ」では広島編のヒロイン狩集汐路役を演じている。
 
instagram:nanoka_hara_official
 
■着用情報
WS LS TOP
2182B021.020
¥37,400(税込)
 
WS LEGGINGS
2182B078.001
¥37,400(税込)
 
DENTIGRE PUFF BOOT
1183C181.001
¥29,700(税込)